ワキガ治療で手術をしない方法

ワキガを根本的に治すにはにおいの原因であるアポクリン腺を取り除くのが確実です。



でも「手術はちょっと」と考えている人も多いのではないでしょうか。



たしかに傷あとが残るのがイヤとか、相手が医者でも人に知られたくないという人も多いのではないでしょうか。



そこでワキガを治療する方法のなかから、手術をしない方法としてどのようなものがあるかみていきます。


軽度であれば塗り薬や飲み薬でにおいを軽減することができます。

塩化アルミニウム液を使う方法があります。


ティッシュやコットンに染み込ませて、においが気になる部分に塗ります。


制汗作用もあるのですがにおいを抑える効果もあります。

また塗布するタイプではなく内服薬もあります。



それが臭化プロバンテリンです。保険も使える薬です。



汗の分泌を抑える作用がありますが、口や目の渇きを感じたり、ときには尿の出が悪くなるため長期にわたる服用はあまりおすすめできません。

それから手術は躊躇してしまうけれども病院での治療のほうが安心できるというのであれば、ボトックス注射が有効です。



ボツリヌス菌の毒を無毒化したものをワキの下に注射することで、発汗のときに働く伝達物質の分泌を抑えます。



臭いそのものを抑えるわけではありませんが、汗の量を減らすことができます。

また直接ワキガの原因であるアポクリン腺に働きかける治療法もあります。



ワキの毛穴に電気針を刺し、アポクリン腺と皮脂腺を破壊してしまう方法です。

関連リンク

ワキガ治療の最終選択肢


ワキガ治療を行うに当たって、最終的な選択肢として知られているのがわきの下の切開を伴うアポクリン汗腺とエクリン汗腺の除去手術です。この手術はわきの下から汗を出す汗腺と、ワキガ特有の嫌なにおいの原因となる成分を出すアポクリン汗腺を外科的な手術によって除去することを目的とした治療です。...

切らないワキガの治療法について


ワキガと言うのは汗自体には臭いが無く、汗と皮膚にある雑菌と混ざり、それが分解されることで特有の臭いになるのが特徴です。軽度の場合などでは、自分では気が付かず家族などから言われて初めてワキガと言う症状になっている事を知る人も居ると言います。...